« 下鴨神社 御手洗祭 2019 | トップページ | くずきり »

2019年8月23日 (金)

カカの夏休み

こんにちは!
フロシキベイビーです

ベイビーがトトと夏キャンプに行った日、
カカは一人京都に残って、
行きたかった展覧会に行きました。

一つは仁和寺の立原位貫木版画展(7/19(土)〜9/1 (
))と
特別公開されている観音堂
もう一つは京都文化博物館の横山華山展

カカの夏休みレポートです。

68620423_2385902304834015_27357535889774

見たかった「紅花屏風」と「祇園祭礼図巻」

じっくり堪能できました。

そして、真夏の仁和寺。


69215360_2385268068230772_63532037312023
南庭。

69026742_2385268121564100_19663284987546
北庭。飛濤亭越しに五重塔。

御殿の白書院、黒書院に、木版画が展示されていました。

68253017_2385268021564110_90647200766990

立原位貫さん、惜しくも2015年に亡くなられた木版画家、浮世絵師です。
まだまだこれからたくさんの仕事をされるだろうという方でした。

京都の若王子にあるアトリエに
ご縁をいただいて、一度、お招きいただいたことがありました。
奥さまは「とま屋」という和菓子屋さんをされていて、
洗練された空間での心づくしのおもてなし、
とてもステキなご夫婦で、 それは夢のようでした。

見せていただいた位貫さんの木版画は、
材や染料にもこだわった、とても美しいもので、
彫りも摺りも全て一人で、こんな美しいものを黙々と作られていることに驚き、
こんな方が現代にいるのだなとうれしく思いました。

68594081_2385268044897441_41135207246337

代表作の数々が飾られています。

68493359_2385268088230770_16723960595962

私の大好きな片岡仁左衛門丈の代表作を彫った連作(2013年)
それぞれの役で佇まいや表情が全く違う名優を
絶妙に捉えた現代の歌舞伎絵です。

69536808_2385268094897436_76586143130320

「待っていたとはありがたい」の台詞が聞こえて来そうな
『お祭り』の鳶頭。

68823015_2385268164897429_20970933736964

木版で描かれた金屏風も飾られていました。

68946246_2385268158230763_36893407737041

一番最後に、
床の間に飾られていたのは、
鈴木春信の復刻の墨線、
色のない墨線の色気。

これから取り組まれるはずだった仕事を思うと切なくなります。

そして、この表装は、
親交が深かったmatohuのデザイナー堀畑裕之さんが
matohuのテキスタイルで施したもの。

堀畑さんの書いた文章が添えられていて、美しい追悼文でした。



お出かけって楽しいね。
またね、ごきげんよう

« 下鴨神社 御手洗祭 2019 | トップページ | くずきり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下鴨神社 御手洗祭 2019 | トップページ | くずきり »