« 夏休みのお出かけ チームラボ | トップページ | お月見 »

2018年9月15日 (土)

花背 松上げ

こんにちは!
フロシキベイビーですchick

8月25日京都の奥、左京区の最北にある花背へ行きました。
台風の影響で日延べになり、
夜に「広河原の松上げ」があるというので、
なかなか見られない火の伝統行事を見て帰ることにしました。

40158534_1839720106118907_800959415

この日は十五夜で月が明るい夜でした。

40194197_1839720116118906_505919891

結界で囲われた「松場」と呼ばれる広場に、
地元の男性が次々と火をつけていきます。

40142128_1839720142785570_428962302

この「地松」は1000本以上も立てられているそうで、
全てに火がつくと、それはそれは壮観でした。

40139737_1839720126118905_868622053

松場から少し歩くと、提灯がかかって、
お盆のお供えをしてあるところがありました。

40269357_1839720236118894_561363889

ここは、観音堂で、松上げが終わる頃に、
ヤッサ踊り、ヤッサコサイ踊りが踊られます。
町の女性たち、揃いの浴衣に絣の前掛けをしている姿が
何人も見受けられました。
時間が遅いので、踊りは見られませんでしたが、
女性たちが踊る姿、いつか見てみたいものです。


40160162_1839720212785563_123484228


地松の火が一体を照らすと、
鐘と太鼓の音が鳴り始めます。
男性たちは、火の付いた放り上げ松をグルグル回し出し、
中央にある高さ20mの燈籠木めがけて放り上げます。

40152267_1839720249452226_349269631

まるで炎の玉入れのよう。
なかなか命中しません。
いくつかの火が笠にうまく入ると、
火が移り、だんだんと炎が大きくなって行きます。

40140060_1839720326118885_466894287

大松明が燃え盛ると、蔓が切られてドーンと倒れます。
その後、2本の棒を突っ込んで
かきあげる「つっこみ」が行われました。
炎が大きく、棒を突っ込んでもなかなか上がらず
大変な火除けのお祭りでした。

お出かけって楽しいね。
またね、ごきげんようheart01

« 夏休みのお出かけ チームラボ | トップページ | お月見 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603525/67135949

この記事へのトラックバック一覧です: 花背 松上げ:

« 夏休みのお出かけ チームラボ | トップページ | お月見 »